« BVR-01の起動 | トップページ | 事故裁定の仕方は見直すべき、、、、 »

2018年12月24日 (月)

逆走多すぎ

見通しの良くない道路、こんな道では遠くを見通す、更には、はみ出して大回りする逆走車両を回避するために、速度控え目、キープレフト遵守が基本。

しかし、この対応は、そこそこの道幅の在る道限定だろう。狭い道は例外。これで恐いのが原付、自転車である。

近所には、原付、電動アシスト自転車を使う家族が多いけど、これらの家族は、道が狭くとも二輪車なら大丈夫ということで、下り坂を30km/h以上で疾走する。それも道が狭いからか、殆ど逆走の右側通行である。

ヒヤッとする事もしばしば。そして、接触される事もしばしば。

http://replica2st.la.coocan.jp/video/sora.wmv

走る様子を見ると、運転者本人は右側通行、逆走している自覚は皆無。オラが道、そこを通って何が悪い!という感じで、対向車を睨み付けて下っていく。

正直、殺してやりたい程である。

逆走が悪いという感覚が無いというのは、正直、異常事態である。恐い話である。

|

« BVR-01の起動 | トップページ | 事故裁定の仕方は見直すべき、、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆走多すぎ:

« BVR-01の起動 | トップページ | 事故裁定の仕方は見直すべき、、、、 »