« 一寸した姿勢で、、、、 | トップページ | 固着! »

2019年1月13日 (日)

二輪車に乗って身体は、、、

不思議な事に、自転車にも単車にも、どちらに乗っても、姿勢が厳しいと感じる事は皆無。自転車ならサドルトップよりステムトップが100mm以上低いピストバイク、ロードバイクでも大丈夫だし、単車ならトップブリッジ下のセパハンであるバイクでも大丈夫だ。

前傾度の高い姿勢の二輪車に乗って良く聞くのが、首が痛い、腰が痛いという話。また、尻が痛いという話を聞く事も少なく無い。

ただ、ロード、ピスト、レプリカ、、、、どれに乗っても首も、腰も、尻も痛くない。

この痛みを感じるか否かの違いは何処にあるのだろうか?

レプリカバイクの場合、セパハン、バックステップが一番心地よいし、ピストバイク、ロードバイクでは、レーパン無しで、カチカチのプラサドル、例えば、カシマ5ゴールドのようなサドルでも不満は無い。そもそも、公道で自転車に乗る時、100kmだろうが200km、300km、400kmだろうがパッド入りのレーパンの必要性は感じない。

これで、痛みを感じるか否かというのは、どこにあるか?というのは、恐らくだけど、身体と二輪車の接地三点における重量配分が鍵なのだろう。接地三点の重量配分が適切であれば、一箇所に負担が来る事が無い。一箇所に負担が過大となると、恐らく、その部位の負担で悲鳴を上げると思われる。

速く走るかどうか?ではなく、接地三点の重量配分を均等に保つ上で大事なのは、恐らくだけど、腹筋、背筋といった体幹の強さではないだろうか?上体を自然に保つ事が出来れば、接地三点の重量配分は適切に保たれる筈だ。

速く走るのではなく、痛くなく乗るのを目指すのであれば、何はともあれ、腹筋、背筋を中心として上半身を支える体幹の力を鍛えるのが有効かもしれない。

|

« 一寸した姿勢で、、、、 | トップページ | 固着! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/67087613

この記事へのトラックバック一覧です: 二輪車に乗って身体は、、、:

« 一寸した姿勢で、、、、 | トップページ | 固着! »