« 其処まで仲良く出来ないなら、、、、 | トップページ | ICカード »

2019年1月10日 (木)

高速道路は嫌い

豪雨災害後、初めて高速道路を走行した。
所々、速度規制が布かれていて50km/h制限区間が点在する。
しかし、多くの車が100km/h近辺で走行している。追い越し車線では120km/hくらいで走る車が非常に多い。
また、車間距離は?と言えば、80km/h以上の速度で走っている車の多くは、車間距離を15m程度か、それ以下というのが非常に多い。

自身は走行車線で、車間距離を十分確保して走行したけど、交通教本的には十分な車間距離とは言えない40~50mである。交通教本では80km/hなら80m、100km/hなら100mと言われている。ただ、杓子定規の車間距離で走る車両は皆無。逆に煽られたり、多くの車の割り込みを招き、後続車の神経を苛つかせる。そう思うと、現実的な車間距離というと、どうしても教本指示よりも短めになる。

後は、渋滞している路線でランプウェイからの合流では、ドライバーの性格が良く現れる。一般には、交互に一台ずつ入れるというのが常識的な考えだけど、稀に、維持でも一台でも先に割り込もう!という意識で、合流中の車列の中で、前走車との車間を数十センチに詰めて切り込もうとするバカがいる。今回は、福山ナンバーのプレマシーを運転する女性ドライバーだったけど、そういう行為は、本線の多くの車両から毛嫌いされて、逆に入れて貰えなくなる。多分、バカだろう。

正直、高速道路は、速度レンジが高い割りに、車間ツメツメ運転するバカ、割れ先に!と一台でも先を目指して車線変更や割り込みを頻発に行うバカが多いから嫌い。

勿論、市街地、住宅地も嫌い。脇道、交差点が多いエリアも飛び出し、逆走車両が少なくないので嫌い。

一番好きな道路というのは、脇道、交差点の無い一本道。それでいて交通量が少ない道。
具体的には、山間部の曲がりくねった道だ。取り締まりも無い。交通量も無い。飛び出しも無い。これが一番。四輪、単車で走る時は、そういう場所を好きこのんで走る。

理由は、他者による障害を受け難いからだ。

|

« 其処まで仲良く出来ないなら、、、、 | トップページ | ICカード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路は嫌い:

« 其処まで仲良く出来ないなら、、、、 | トップページ | ICカード »