« アクションカムマウント | トップページ | 重量と足付き性 »

2019年1月15日 (火)

SXP-102、廃却

先日、ピストのペダルをサカエSXP-102から三ヶ島RX-1に交換した。
交換後、SXP-102のOHを試みた。
調子が悪いのは左側、右側は違和感を感じなかったのだが、、、、

先ずは左側を解体。玉アタリにガタが発生している。古いグリスを取り除き、パーツを洗浄して新しいグリスを入れて組み込む。ガタも取れてOH完了。

次は右側を解体、、、、、すると、グリスは見当たらない。内部に錆が発生している。
取り敢えず、解体して洗浄、グリス塗布後組み立てる、、、、しかし、ガタが取れない。ガタを取ると特定の箇所でかじり付く、、、、

解体時、玉アタリが厳しい箇所が在ったのだが、、、、、再度ばらしてチェックすると、、、、

ワンが変形してボディから浮いている。これではダメだ。

スピンドルをチェックすると、、、微妙に曲がっている?、、、これではダメだ。

ということで、このSXP-102はOH中断で、廃却である。

まぁ、10年以上使ったので良しとしよう。このペダル、トータルでは良いペダルだったと思う。

|

« アクションカムマウント | トップページ | 重量と足付き性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SXP-102、廃却:

« アクションカムマウント | トップページ | 重量と足付き性 »