« バーエンドキャップ | トップページ | ダンベルカラー »

2019年1月12日 (土)

お別れの判断は?

どんなにお気に入りでも、廃車を決断する事はある。
事故で一発廃車は別として、経年変化で修理する気力が湧くか否か?が所謂判断の分かれ目となる。

基本は、修理可能か否か、修理に掛かるコストが出せるか否かが判断の分かれ目となる。

我が家では、CXが寿命間近感を感じる。

基本、不調ではないけど、好調とまでは言いきれない。

特に、始動性に難を抱えている。そう、スタータークラッチ周りが怪しい。

今のところ、どうにか始動しているけど、クラッチが何時アウトとなるか、想像出来ない。

普通なら、交換して、、、、となるけど、エンジン縦置きでエンジンを下ろしての作業、、、、そんな作業、自分で行う気もなければ、ショップ等に任せたとしてもパーツの入手性を含めて考えると、かなり怪しい。

つまり、そういう事態に陥ったら見切るということになる。

なお、SVとかBTでは、そういう状況は当分先のような気がする。ただ、修理に必要なパーツが入手出来ないとなると、、、、そういう判断になるだろう。

|

« バーエンドキャップ | トップページ | ダンベルカラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/67580016

この記事へのトラックバック一覧です: お別れの判断は?:

« バーエンドキャップ | トップページ | ダンベルカラー »