« 自転車メンテ | トップページ | お奨め缶スプレー »

2019年2月 5日 (火)

スポーツサイクルの電動アシスト化

最近は、実用自転車、通勤・通学自転車、カジュアルサイクルの電動アシストモデル以外にも、比較的本格的なスポーツサイクルの電動アシストモデルも登場している。

漠然と思うのは、運動目的のスポーツサイクルに運動負荷を軽減させるユニットが必要か?という漠然とした疑問。

そこまで高性能化して、高価格帯のモデルというのを買うなら、素直に単車で良いのでは?という気もする。

今のメリットといえば、電動アシスト自転車は自転車の仲間であり、免許不要で、場所によっては歩道走行可ということ。

しかし、今時の電動アシスト自転車は実用モデルでも高性能であり、既に歩道を走らせるのには危険な存在。
少なくとも、登録制、届け出制にして、反則切符を切るようにして原付的な扱いにすべきだけど、そうなったとすれば、スポーツ電アシの魅力って何になるのかが難しいところだ。

単車の世界も電動バイクが少しずつ登場している。基本は小排気量からで、今はスクーター系統が多いけど、小排気量のスポーティなモデルが電動で登場したりすれば、一方は単車、一方は自転車だけど、競合する存在になってもおかしくないのでは無いだろうか、、、。

|

« 自転車メンテ | トップページ | お奨め缶スプレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツサイクルの電動アシスト化:

« 自転車メンテ | トップページ | お奨め缶スプレー »