« フレームクラックが、、、、 | トップページ | 今更Windows7マシンが見えない、、、 »

2019年2月 7日 (木)

ミカシマRX-1

先日、ピストのペダルをSXP-102から交換した記事を掲載した。
で、暫く使っての印象。

このRX-1はNJS認定のトラックペダル。デザイン的には80年代のシュパーブプロと似たようなデザインで、非常に格好いい。
ベアリングはシールドベアリングタイプだ。

当然、回転は非常にスムーズ。ただ、ペダルを換えたから走りが変わるか?というと、素人の自分からは判断出来ない。

ただ、ペダルプレートのデザインが独特。通常のトーストラップの通し方とは異なる通し方をするようだ。途中、ズレ止めで捻りを入れるのが普通だけど、このRX-1では捻りは入れない構造。その分、脱着は簡単。

固定シングルで使っているので曲がり角で内側でペダルが降りた時に路面にヒットさせないようにしたい。なんたって、勿体ない。

因みに、SXP-102は、ペダルが路面にヒットした時か、落車した時にスピンドルが僅かに変形したのだろう。それで玉あたり調整付加となって廃却に言ったので気を付けたい。

|

« フレームクラックが、、、、 | トップページ | 今更Windows7マシンが見えない、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミカシマRX-1:

« フレームクラックが、、、、 | トップページ | 今更Windows7マシンが見えない、、、 »