« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »

2019年4月11日 (木)

2004年式アシスタの修理

もう14年以上前の電アシ。アシスタスーパーリチウム。当然、旧規格だけど、電池容量は70%以上をキープして、アシストも効いている。
買い換えようか?とも思ったけど、不具合箇所を修正してもう少し乗る事にした。

これまで、リアタイヤ交換、リコールでモーターユニット交換、フロントキャリパーブレーキの交換、サドルの交換を行ってきた。

現在、交換したサドルの表面が紫外線劣化で割れて破れ始めている。リアフェンダーが割れて走行中に賑やかな音がする。というところ。

そこで、フェンダーとサドルを交換することにした。何でも良いので、一番安い商品ということで、フェンダーは『浅み』のステンレスフェンダー特売品699円、サドルも特売品720円を勤務先近くのホームセンターで調達。これを使って直す事に、、、、。

これで暫く乗れるのは乗れる。モーターユニットが死んだり、バッテリー容量が無くなったりしたらアウト、、、それまでは行けるかも、、、。

自転車にしろ、単車にしろ、普通に使うと、凄い長持ちするんだなぁ、、、、買い換えたい気分も無くはないけど、動くから良いか?ということに、、、

まぁ、我が家のガンマは自分が大学四年、昭和62年に36回払いで購入してからだから、随分と古い。CXは大学院の時に探して貰い、卒業後の平成5年に見付けて以来である。AV50は?といえば、平成元年頃だ。つまり、平成が終わる頃ということで30年以上乗っている。

となると、消耗の度合は単車ほどには及ばない電アシが15年保ってもおかしくない。

最近、買い貯めた自転車も永遠に保ちそう、、、、

ところで、どうせ直すなら、、、ということで、新基準対応のユニットと換装出来ないか?と思い、新基準モデルとの違いを調べると、、、、新基準モデルは2008~2009年以降、そして、そのモデルは黒い小型のバッテリーのモデル、、、となると、車体が共通でも全て交換しないとダメっぽい、、、そこまでする価値も無い。

ということで、今回の修理は、フェンダーとサドルの交換で終了。

まぁ、次に買うのは息子用の電アシだな、、、。

|

« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2004年式アシスタの修理:

« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »