« 単車の機動性を活かせ! | トップページ | 押し歩いてスルー »

2019年4月12日 (金)

原付二種は糞が多い、、、、

今、単車の中で一番熱いカテゴリーかもしれない。制限速度が緩い、維持費が安い、そして、免許取得日数の短縮化が図られた。で、前二輪のトリシティを始めとした実用的なモデルのリリースが活発。
80年代といえば、原付二種といえば玄人カテゴリーで人気とは言えないカテゴリーだった事と比較すれば雲泥の差。原付一種は80年代と比較すれば現代の届け台数は1/10と激減しているけど、原付二種は1/2に留まっており、80年代の届けの差は原付一種は原付二種の10倍だったのが今では2倍程度となっている。

そんな原付二種、単車市場全体が落ち込む中で、落ち込みが少ない分、割合が増えており結果的に目に付く頻度が高くなっている。

原付二種の用途といえば、基本はコストパフォーマンスである。バリューフォーマネーが優れる存在であり、実用車としての普及故にブームに左右されない。それ故に、台数が落ち込まない。そして、ユーザーの多くは利便性重視で選ぶバイク好きとは異なる普通の人なんだが、その普通の人の普通のマナーというのは、最悪レベルだ。

原付二種の用途は実用の通勤、通学がメイン。そして、その渋滞時間帯における使われ方を見ると、全車両の中で自転車と並びマナーが酷い無法ジャンルとも言える。

ノロノロ運転車列の左側を豪快に追い越す。ノロノロ運転の複数車列をあみだくじの如くすり抜け運転をする。コンビニカット、押し歩きっぽい信号無視、逆走無用で渋滞車列の先頭に出る、停止線、横断歩道無視で信号待ち、車間距離ツメツメ運転、歩道内走行、、、、こういう非道行為率は原付二種が最高率ではないだろうか?

自転車の並進、逆走、スマホ運転、傘さし運転と二輪の非道マナーの双璧を為していると言っても過言ではない。

原付二種利用者の多くは、趣味ライダーとは違う人種。どちらかと言えば普通の人。そして、普通の人のマナーは最悪。これ、自転車利用者に通ずる話。

原付二種の動力性能は原付一種とは雲泥の差。この動力性能+糞マナーというのは危険度を大幅に増幅しているようにも思える。免許が二日で取れるように規制緩和したとか言っているけど、原付二種の取得ハードルを下げるのではなく、原付一種はそのままに、原付一種の排気量を現行50cc未満を75cc未満に緩和した方が良かったのでは?と思う今日この頃。125ccで暴走、、、、勘弁して欲しい。

これは四輪ドライバー、通常の単車ライダー目線での意見だ。

結局、普通の日本人のマナーが最悪なんだろうなぁ、、、

|

« 単車の機動性を活かせ! | トップページ | 押し歩いてスルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単車の機動性を活かせ! | トップページ | 押し歩いてスルー »