« アイドリング | トップページ | ライディングブーツ »

2019年4月 5日 (金)

パスギアカーゴと子供乗せ電アシ

配送業社用の三輪のアシスト自転車。定価は38万円程とのことだけど、普通の電アシとの最大の違いは、アシスト比。
旧規格では人力と等倍アシストだから、入力の二倍の補助動力で駆動していたけど、新規格では二倍アシストで入力の三倍の補助動力で駆動するのが電動アシスト自転車。
これが、配送業務用では三倍の補助動力で駆動するので、入力の四倍で走る。

ただ、カタログを調べる限りではモーター出力についての記述は見当たらない。バッテリー、ユニットの形状から判断すると、標準モデルと同じ250W程度のモーター出力なのかもしれない。三輪故に、速度上限が低いので、低速からアシスト比が高められているパターンだろう。

ところで、電動アシスト自転車といえば、子供乗せ自転車が思い付く。こちらは条件を満たせば子供二人乗車可能だけど、こちらは普通の電動アシスト自転車通りに二倍アシスト。
この子供乗せ電動アシスト自転車で子供を乗せて走るのは、正直、安全性は大丈夫という風に思っている。

最近思うのは、業務用電動アシスト自転車と子供乗せ電動アシスト自転車というのは統合して、アシストは三倍補助にして、転けないように三輪車にするというのが良さそうな気がする。

そもそも、電アシとは言っても、所詮二輪の自転車である。それが、原付の乗車定員1名に対して最大三名、、、、それ自体が矛盾しているような気もする。

原付カテゴリ、電アシカテゴリーは、三輪車であれば乗車定員を増やして、電アシなら補助率を高める、、、、こういうのが現実に併せた改善案として有効ではないだろうか?

|

« アイドリング | トップページ | ライディングブーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パスギアカーゴと子供乗せ電アシ:

« アイドリング | トップページ | ライディングブーツ »