« 劣化コンパウンドとフラットスポット | トップページ | パンク修理 »

2019年4月29日 (月)

ガンマのカウルミラー

ガンマのミラー、ノーマルのミラーは形が貧相。ということで、1991年頃にGSX-R750/1100用のミラーをチョイスしたけど、このミラーはガンマに装着すると視認性は最悪。
それでも形が気に入っていたのでずっと使ってきた。

その後、視認性を重視してGSX-R250のミラーを装着していたけど、視認性は良くとも昆虫の触角っぽく形が今一。

次が、角目GSX-R400のミラーに変更して今に至っている。このGSX-R400のミラーはGSX-R750のミラーっぽいデザインだけどステーが長く視認性も良好なのが取り柄。

ただ、、、ガンマのミラーベースは貧相なステーであり、ミラーのベースとしては今一。

そこで考えたのが、ハンドルマウントのミラーに変更すること。

案としては、カウル装着モデルながらハンドルにミラーが装着されたタイプ。
思い浮かぶのはKR250初期型、VF750Fあたり。ただ、KR250のミラーはガンマカウルには干渉しそう、、、となるとVF750F用くらい。ただ、想像するに、ガンマのカウルにVF750Fミラーは似合わないかも知れない。ミラー自体は持っているので近い内、片側だけでも併せてみよう。よければ左クラッチ側も何とか付けてみるかも知れない。

|

« 劣化コンパウンドとフラットスポット | トップページ | パンク修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンマのカウルミラー:

« 劣化コンパウンドとフラットスポット | トップページ | パンク修理 »