« 駿足 | トップページ | タイヤ消耗とコース »

2019年4月25日 (木)

単車でのドラレコ撮影

デュアルレンズアクションカメラでBT、CXでの走行映像を記録している。記録後に映像を確認する。音声も入っている。
音と振動は、結構な迫力と歯切れ良い音である。
ガンマの走行映像では、DRE-200で作成しているけど、その際に収録されている音は2ストらしい甲高い連続的な排気音だけど、それとは好対照。

ツインの排気音、ヘルメット越しで聞く音も歯切れ良いCX、まろやかなBTだけど、実際の収録音を機器較べると、CXの方が迫力がある。BTは音が丸い。

両車とも低回転からアクセルを開けた時が音がハッキリ聞こえるけど、その時はカメラ映像が激しく振動する。結構な振動があるようだ。高回転になると振動は消えて排気音も連続音になる。

この排気音の変化はカメラで結構しっかり録音出来ているようだ。自分のアクセル操作がどうか?というのが排気音からも思い出す事が出来る。

単車で遊ぶ、、、峠を攻めるのも楽しいけど、その辺を走り回って映像を後から見てから、音と映像で楽しむというのもアリだ。こういう楽しみ方、今迄気付かなかったなぁ、、、。

チョイノリ+ドラレコ映像、それだけで楽しい。四輪のドラレコ映像は見返す事は殆ど無いけど、単車での映像は見返す事が多く、それ自体が楽しい。この違いがある事にビックリである。

|

« 駿足 | トップページ | タイヤ消耗とコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駿足 | トップページ | タイヤ消耗とコース »