« 行動範囲今昔 | トップページ | 後付けファン »

2019年4月 4日 (木)

ポジションとタイヤエッジ

アップハンドルとセパハン、どっちがタイヤを目一杯使えるか?というと、中低速なら取り回しの自由度の高いアップハンドル。

タイヤチェックすると、BTとCXはエッジまで使い切り。しかし、γとSVは最近は中高速峠に出掛けていないせいか、エッジから8mm程度は残ったまんま。今時の言い方なら、『アマリング』が残っている状態と言える。

こういう部分もしっかり使い切るのがベストだ。

暇を作って、或る程度距離を走って走り込む、、、、それが必要かもしれない。

アップハンドルのバイクは蛇角が大きく取れるのでクイックな操作が可能で、中低速で特に有利。セパハンのバイクでは、なかなか、そういう乗り方にはならない。

|

« 行動範囲今昔 | トップページ | 後付けファン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポジションとタイヤエッジ:

« 行動範囲今昔 | トップページ | 後付けファン »