« 高齢者の事故と免許 | トップページ | ViVi EX »

2019年4月20日 (土)

回生充電

ブリヂストンの電動アシスト自転車、前後輪駆動のタイプの回生充電が更に進化。
2019年モデルは2018年11月に発表となったけど、これまでは後輪ブレーキ制動時に回生充電していたけど、更にクランク回転を停めた状態でも前輪モーターで回生充電するという。
4日の走行で1日分の充電が可能だという。
ドンドン進化する。

実は、前年モデルを格安でどう?という事を聞いてまよいながら、昔のアシスタの整備を行って、バッテリーチェックすると、長押し20秒で4点灯、長押し30秒で3点灯、つまり、充電回数は350回を超えているけど、バッテリー健全度は最大75%を維持、、、、

ということで、割れた泥よけ、破れたサドルを交換して延命することにしたけど、バッテリー健全度が50%を切る状態、長押し30秒で1点灯になるまで延命することにしようと思った次第。

今回、フェンダー、サドルの交換に併せて駆動系のギア周りのメンテナンスも実施。ベアリング類のOH、テンショナーのリンク部分のOH、プーリーの交換も実施。実際、乗ってみると旧基準でアシスト比は1:1だけど、1:2のアルベルトeと遜色を感じない。これで十分?的な印象。前後輪駆動でベルトドライブというのは駆動系がシンプルなのが魅力だけど、通常後輪駆動のチェーン駆動車でも14年経過現在、チェーンが錆びている訳でもないし、駆動力も必要十分ではある。もしかしたら、、構造的にシンプルな後輪駆動モデルの方が良いかもしれない。もうチョット様子見、、、、そんな印象。恐らく、あと1年以上は保つだろう。アシスタの買い換えはもう少し待つ、、、、

電動アシスト自転車、ドンドン進化する。できれば、アシスト比を現行1:2から1:3とかになれば、更に楽珍になりそうだけど、それは無いか、、、。

電アシでは、アシスタを買い換えるより、息子のルイガノLGS-5Proの買い換えの方が先にやってきそう。こちらの場合は、100%、パナのヴェロスターで決まり。個人的にも、是非乗ってみたい一品ではある。

|

« 高齢者の事故と免許 | トップページ | ViVi EX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回生充電:

« 高齢者の事故と免許 | トップページ | ViVi EX »