« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »

2019年4月11日 (木)

単車の機動性を活かせ!

単車の機動性を活かす。
ただ、活かすといっても、流れの停滞した渋滞車列を縦横無尽にすり抜けするのではない。長い渋滞の脇を通って渋滞の先頭に出るのでもない。ノロノロ運転の車列の左側を豪快にすり抜けるのではない。

機動性を活かすのは、そんなに広くない道を綴って停止することなく走り抜けるということ。四輪でやると迷惑だけど、二輪なら、、、、

である。

例えば、広島市北部、例えば、東区、安佐北区、安佐南区界隈から、佐伯区とか廿日市方面に通勤時間帯に抜ける時等だ。

こんな時、普通の道路を使うと渋滞しまくり。巷の原付二種のような下品な運転はNGである。

道路名が付いたメイン道路は込む。広島市特有の川沿いの土手道も、橋との交差点で長い渋滞が普通。川沿いを通らず、メインストリートを通らず、一方通行等で大回りせず、、、、

当然、バイクだからカーナビは無し。

そういう状況で、街並みを読みながら、車の流れを読みながら、信号に掛からずスマートに通り抜ける。これ、重要。広くない道だからスピードは出せないけど、狭くクランク状の道が多いので車は居ない。そういう道を使うのは、二輪車の機動性を活かした使い方。

勿論、こういう使い方は、街に精通していないとダメ。

ところで、長距離ツーリングでも高速道路は基本使わない。二桁以下の幹線国道も使わない。基本は農道、連絡道、酷道、険動を使う。交通量は皆無に等しい。誰も居ない。山奥のワインディングだ。こういうのは単車の機動性を最高に活かせる。昔、海水浴に北陸方面に出掛けた時、兵庫県通過では見知らぬ山奥を走り抜けたけど、非常に愉快。これこそ、単車の機動性を活かした使い方。

ツーリングでは、酷道、険道、市街地では幹線道路、土手を避けて走行。これこそ、単車の機動性を活かした使い方。

機動性は渋滞路で活かすモノではないのである。

|

« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もっと、もっと、ガンバレ! | トップページ | 世代間の使い心地 »