« 歴代カタナにみるカタナの定義は? | トップページ | 日韓関係は、なるようになる過程。 »

2019年7月19日 (金)

DAHON系のフレーム

余り意識していなかったけど、、、、どうやら6速系は126mm、7速以上は130mmのようだ。
また、シートチューブ外径も違う。スチール系だと39mmくらい、アルミ系だと41mmくらいである。つまり、フレームを抱くバンドに違いがあるということ。
更に、上級車種はインテグラルヘッド構造、廉価クラス、OEM車両の多くはオーバーサイズのスレッド構造である。

カスタマイズする時、駆動系に着目すれば、エンド幅130mm以上のモデルがお奨め。つまり、D7モデル以上かOEM車の7速以上。ハンドルを変えてポジションチェンジするのは、どちらでも可能だけど、今ならインテグラルヘッド構造のモデルが良い。勿論、スレッド仕様でもパーツがあれば、どうにでもなるけど、、、、

これを抑えておけば良い。

カスタムするならベストはスピード系、ボードウォーク系だろう。D7のインパルスは見掛けない。D6系は安いけど、ノーマルで乗る以外カスタムするには不向き。カスタムして遊ぶなら、もっと安いOEMモデルの方が良いかもしれない。

|

« 歴代カタナにみるカタナの定義は? | トップページ | 日韓関係は、なるようになる過程。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAHON系のフレーム:

« 歴代カタナにみるカタナの定義は? | トップページ | 日韓関係は、なるようになる過程。 »