« 今時のバイク、何時まで乗れる? | トップページ | レ・マイヨW »

2019年7月28日 (日)

DAHONにフロントW

これが一般的でなかった時代、先駆者的に製作したのが2005年の事。
ただ、このフロントW仕様は、DAHONにピッタリか?といえば、どちらかと言えば、そうとは言えない。
フロントWの仕様は作ったけど乗っていないというのが現状。

そもそも、DAHONにフロントWが有効か?というと、そんな感じを受けない。

勿論、DAHONをスポーツサイクル風の前傾ポジションで乗るっていうのは、アリだけど、構造上、長い折り畳みステムの先端に更に付きだしてドロップハンドルなり、ブルホーンハンドルなりを装着して前荷重を増やして乗るというのも微妙である。
剛性感の無いハンドル周りで、見た目だけ的になってしまう。

小径でもフロントW化、ドロップハンドルというと、長いヘッドチューブでハンドル周りがガッチリしてないとナンセンスのように感じる。

DAHONといえば、長いステムを考慮して基本は街乗り的なポジションの方が合理的だとも思える。
街乗り優先で考えると、ズボンの裾汚れ防止に、リングカバーなり、チェンガードなりを装着する方が便利という印象。

個人的には、DAHONでフロントWというのは、チョット違うような、、、今はそんな気がする。

|

« 今時のバイク、何時まで乗れる? | トップページ | レ・マイヨW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAHONにフロントW:

« 今時のバイク、何時まで乗れる? | トップページ | レ・マイヨW »