« 意味が判らない、、、 | トップページ | DAHONのフレームのデザイン »

2019年7月25日 (木)

電動アシスト自転車とE-Bike

何故か使い分けられている。
ただ、どっちも同じ様な気がする。
アシストの制限が同じである。動力的には基本的に同じ。
違いは、対応先自転車の違い。軽快車、小径車、折り畳み自転車、、、この場合が電動アシスト自転車と呼ばれ、MTB、ロード、クロスバイクに対応させるとE-Bikeと呼ぶ。

どっちも同じ。

メカ的な違いを敢えて言えば、E-bikeの多くは駆動軸がBB内のクランク軸をダイレクトにドライブして、バッテリーはフレームパイプのアンダーパイプ部に設置している。一方で電動アシスト自転車はBB近くのクランク軸とは別の動力軸を設け、そこで動力を加えている。バッテリーはシートパイプ部に設置している。

ただ、この違いで名称を分けるか?というと微妙。

従来システムをスポーツ車に適応したジェッター、ハリヤーといったモデルも存在する。

まぁ、電動アシスト自転車と分けたのは、購入者が恥ずかしく感じないように、今時のカッコイイ名称を与えたというのが狙いだろう。

オジサンが、何買った?と聞かれた時に、『電動アシスト自転車!』と答えると、老人っぽく感じる。しかし、『E-Bike!』と答えると、格好良く感じる。それが狙いだろうな。

|

« 意味が判らない、、、 | トップページ | DAHONのフレームのデザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意味が判らない、、、 | トップページ | DAHONのフレームのデザイン »