« 闇営業等々 | トップページ | 急き立てる運転 »

2019年7月23日 (火)

180°クランクパラツイン

嫌いなエンジンレイアウトではないけれど、どうも欲しい!とは為らない。
何が悪い?という訳ではないし、過去にもパラツイン車は数多く乗ってきた。
ただ、数多く乗ってきたが故に、恐らく、将来は乗る可能性は限りなく低いという確信があるのも事実だ。

パラツインの車歴、振り返ると、CB125T、GX250/400、GS400、Z250FT/Z250GP/GPZ250R、GPZ400S、CB250N/CB400Dといった感じ。
昔は、経済的、免許的な制約で選んでいた側面もあるけど、結構多くのパラツインに乗ってきた。
しかし、全てに共通した印象は、HAWK系を除いて排気音がばらついて回す気にならない。音自体も今一。思った以上に車体幅が広くバンク角が狭い。低速の力感は乏しく、高速でも苦しげ。
パラツインで所有して良かったと思えるのはHAWK系のみ。試乗して良かったと思うのはW650/800のみ。つまり、360°クランク車である。
好意的印象でないためか、正直、見た目も普通過ぎて個性も感じないので、そういう点でも今一。

ただ、不等間隔爆発の排気音が嫌か?というと、そうではない。様々な挟み角のVツインは何れも好き。VT、SV、NV、XZ、GL/CX、BTと乗ってきたけど、これは何れも好み。不思議なモノである。

180°クランクの排気音、これが嫌いなんだろう。最近は、250cc~650cc迄180°クランクパラツインは少なく無い。っていうか、多すぎる。
音が独特。この音、個人的には、どうも好きになれない。汎用的、一般的、、、、趣味性が感じられない、、、、そういう印象に為ってしまっている。

正直、パラツインよりはインラインフォーの方が好き。

|

« 闇営業等々 | トップページ | 急き立てる運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 180°クランクパラツイン:

« 闇営業等々 | トップページ | 急き立てる運転 »