« 制裁合戦、双方合意出来る事はコレ | トップページ | シフターポジションの選択肢 »

2019年7月 5日 (金)

レーシングサウンド

二輪車の音、シングル、ツインの歯切れ良いサウンドも魅力だけど、こういうサウンドは或る程度の迫力が必要。シングルなら250ccだと不足、350ccくらいは欲しい。ツインなら400ccでは不足、最低でも650ccは欲しい。
一方で、マルチエンジンの咆吼音は小排気量でも魅力。

近々、250ccマルチの登場がするかもしれないという噂。もしカッコイイのが出たら買うかも知れない。ZX-25R辺りだと凄い期待する。

過去の記憶に従うと、音を比較するとZXR250よりもCBR250RRの方が音的には良かったが、、、

それはさておき、マルチエンジンの排気音、咆吼のようなサウンド、これはとっても魅力的。4気筒なら400cc以下の高周波音が特に好み。

ただ、750ccの4気筒の音は高周波音的ではない。どちらかというと、80年代ハイソカーヤン車のマフラーを交換したボーボー音に聞こえる。それは嫌。リッターSSの排気音も街中の低回転で走る時はボーボー音だ。やはり嫌い。

リッタークラスで痺れる音といえば、友人が乗っていた元祖CBXだ。これ、ジェット機のようなサウンド。これは痺れる。当時、CB750FとかGPZ900Rとかの音も聞いていたけど、ボーボー音は魅力無しである。CBXのサウンドはクゥォーン?ファーン?という乾いた高周波音。これは最高。

この途切れない高周波音、一度聞くと忘れられない。

時々見掛けるフェラーリのサウンドもそんな感じ。こういう音が聞けるバイク、乗ってみたいし、欲しい。

250ccマルチで20000rpm、、、、そういうの期待したい。

どうせなら125ccマルチで25000rpmなんてのも聞いてみたい。

|

« 制裁合戦、双方合意出来る事はコレ | トップページ | シフターポジションの選択肢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 制裁合戦、双方合意出来る事はコレ | トップページ | シフターポジションの選択肢 »