« バイクで煽られる頻度は、、 | トップページ | サイドスタンド移植するも、、、 »

2019年8月12日 (月)

電動機付き自転車

50cc未満の第一種原付が絶滅寸前である一方で、電動アシスト自転車は隆盛を誇っている。そして、電動アシスト自転車に対して、フル電動自転車というものが物議を醸し出している。

ただ、フル電動自転車というのがグレーな存在であり物議の理由だけど、これって純粋に原付である。

ということで、バイクメーカーはヨーロッパのEバイクをフル電動そのままで原付として販売すれば良いのでは?とも思う。

バイク業界も潤うし、電動アシスト自転車では補助が物足りないというスピード志向のユーザーの願いも叶う。

電動アシスト自転車の補助率制限を取っ払ったモノを原付一種扱いの電動自転車として市場に植え付ける、、、これが良いような気もする。

現行原付一種のような保安装備では今一かもしれないので、自動点灯の前後灯火とヘルメット、サドル後に表示するナンバーという構成程度で規格化すれば良いのでは?と思う。

勿論、歩道走行NG、車道走行限定とすべきだけど、それは電動バイクの呼び水にもなるような気もする。

今の法律ではEバイクが普及するのは難しい。Eバイクを電動機付き自転車として原付一種の中の一つとして、更に、保安基準を走行性能に応じた形で再定義すれば面白い筈だ。

|

« バイクで煽られる頻度は、、 | トップページ | サイドスタンド移植するも、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動機付き自転車:

« バイクで煽られる頻度は、、 | トップページ | サイドスタンド移植するも、、、 »