« パッド | トップページ | 雨続きですが、、、 »

2019年8月25日 (日)

チェーンリングの剛性は、、、、

やBICECOには、現在はクランクにスペシャライズド・ラングスター標準装着品であるスギノRDに、DURA-ACEのチェーンガード付きチェーンリングを装着、インナーには、2004年式DAHON用Wガード付きギアクランクのインナーガードを装着している。

その前は、スギノRDクランクに2004年式DAHON用Wガード付きギアクランクのアウターガード、チェーンリング、インナーリングを使っていた。

更に遡ると、クランク自体に2004年式DAHON用Wガード付きクランク標準品を使っていた。このクランクはトルバティブ製だ。

この変遷の中で、一番違いに驚いたのは、DURAのチェーンリングに交換してから。

それまで、トルバティブのギアセットではチェーンリングは基本はプレス打ち抜き品っぽいモノ。これ、ペダリングしていたら、上から見るとチェーンラインが左右にぶれていたのだが、今はそんな挙動は一切無し。

そして、気持ちペダリングが軽くなっているような感じ。

チェーンリング自体の歪みによるロス、、、こういうのはあるのかもしれない。上から見てチェーンが左右に振れることなく走っている様子は、見ていても気持ちよい。

|

« パッド | トップページ | 雨続きですが、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェーンリングの剛性は、、、、:

« パッド | トップページ | 雨続きですが、、、 »