« イヤホン | トップページ | チェーンカバー »

2019年8月 2日 (金)

自転車のフェンダー

基本は雨天時の泥はね防止。前も後も重要。
性能を求めると、タイヤ外周にどれだけ接近して設置出来るか?そして、どれだけ長くして外周の多くを覆えるか?が重要。最後は、フェンダーエンドには末広がりなマッドフラップを追加しておくのも大事。

この勘所を押さえると、前輪からの泥はねがチェーンリングを攻撃したり、後輪からの泥はねが背中を攻撃したりするのを防ぐことが出来る。

逆に、タイヤから離れた位置に短いガードを付けるだけでは、ブレーキキャリパーの泥汚れを防止する程度の効果しか得られない。

背中と足下の泥はねを対策出来れば、簡単なポンチョでも雨天時の濡れが大幅に減少できる。

フェンダーというのは実用自転車にとって重要な装備。

勿論、長距離走行で雨中走行が不可避なランドナー、スポルティーフでも有効な対策だ。

|

« イヤホン | トップページ | チェーンカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車のフェンダー:

« イヤホン | トップページ | チェーンカバー »