« 今時ライダー | トップページ | BICECOの右ワン外し »

2019年8月10日 (土)

そう言えば、ホンダCG125

これは、元々発展途上国向け実用車で大昔からラインナップされているモデル。
ベースは国内のCB125JXだけど、違いは、エンジンがOHCからOHV、トランスミッションがリターン式からロータリー式となっている。

違いは?それだけど、今の時代、OHVという動弁機構のシステムは非常に珍しい。

今、OHVというとヤマハの重量車のVツインエンジン向けくらい。

それ以外で国産車は何があるか?というと、一番新しいモデルでスズキのチョイノリ、その前がホンダのGL/CXの400~700モデルだろう。その前は大昔、ホンダのCM90/C200、C100/C110/C105辺りである。

そういう中でCG125っていうのはOHVという点で希少な存在である。

これまでも、何度かCG125が欲しいと思う事があったけど、今、再び、少し欲しい気持がある。

ただ、CB125JXの最終モデルの角形ライトのモデルと同じのはパス。

自身、OHV車といえば、C200、CXを乗ってきて、それがOHCだったらどう違うか?というのは言いきれるモノではないが、アクセルを開けた一発目の回転の上がり方は、間髪入れないという風なモノを感じる。CXは該当しないけど、OHVっていうのは、カムチェーン、テンショナーって部品が無いのも個人的には好きなポイント。

今一度、OHVのCG125ってモデルを手に入れて遊ぶのも楽しいと思う今日この頃。

|

« 今時ライダー | トップページ | BICECOの右ワン外し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今時ライダー | トップページ | BICECOの右ワン外し »