« 終わってる、、、、 | トップページ | 新旧DAHONの乗り心地の差 »

2019年8月31日 (土)

キャリアの再塗装

さて、レイノルズ953ロードフレームには、フレームには似合わないフォークを使う。これは、フロントにキャリアを装着する予定で、エンドにダボが欲しいので、ダボ付きフォークで最も安価なモノを利用しているから。そのダボは自分にとって貴重な存在。本来はフェンダーダボだけど、利用はキャリアステー取り付け用ダボとして使う。

そのダボとブレーキピポットの三箇所でパイプ製キャリアを装着する。このパイプ製キャリア、本来は26インチ一般車用ながら、オールパイプ製一体型で非常に軽量(200g)で高剛性。長距離サイクリングでのフロントバッグ積載とか、ヘッドライトマウントに重宝しているのだが、元々は黒塗装品。それをシルバー塗装して使っていたのだけど、今一色味が悪い。

ということで、メッキ調高硬度塗装というのがネットで出回っているので、これで再塗装してみようと思う。理想は再メッキすれば良いのだろうけど、其処までの手間はチョット違うような気もする。

世間的にいえば、レイノルズ953フレームに汎用の安価なフォーク、更にママチャリキャリアといえば有り得ない取り合わせかもしれないけど、それはそれで構わない。実用性重視である。

|

« 終わってる、、、、 | トップページ | 新旧DAHONの乗り心地の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャリアの再塗装:

« 終わってる、、、、 | トップページ | 新旧DAHONの乗り心地の差 »