« 何を以て解決? | トップページ | 乾電池駆動アクションカメラMQ8 »

2019年9月14日 (土)

バナナよりも

Vブレーキでは、アウターワイヤーをブレーキに接続する部分にバナナ管状のケーブルガイドを装着する。
ただ、折り畳み自転車等で取り回しが窮屈になったり、抵抗になって動きが今一に為る事も少なく無い。
そんな時に便利なのが、コイル状で湾曲の自由度の高いルーラーのガイドパイプ。これを装着すると、それだけでブレーキアームの動きが均等且つスムーズになる。

注目度は高くないかも知れないけど、DAHONのような折り畳み自転車では結構有用。

自身、やBICECOには前後ともルーラーのケーブルガイドを使っている。一寸した一品だけど、日常のストレスフリーに効果的。安価で有効!お奨めである。

因みに、アウターケーブルキャップは樹脂製が多いけど、使えるなら昔のステンレス製を使うのもお奨め。樹脂製ではケーブルキャップは割れる事があるけど、ステンレス製なら安心。

小物っていうのは結構重要。

|

« 何を以て解決? | トップページ | 乾電池駆動アクションカメラMQ8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バナナよりも:

« 何を以て解決? | トップページ | 乾電池駆動アクションカメラMQ8 »