« 旧理学部1号館 | トップページ | これは芸術性か? »

2019年10月 1日 (火)

ビーンズハウスのプチカスタム、完結編

折り畳みマグネットを装着する。そう思ってトライしたのは、最初はリアはキャリアステー固定用のネジ穴を使ってのトライだけど、、、これだと今一。

ということで、実際には、エンド部にφ6.5mmの穴を開けて、マグネットを装着することに、、、、穴の位置は、フェンダーステー穴、キャリアステー穴から等距離で平板部の中央部分に開けてみた。勿論、折り畳んでマグネットの相手ステーの取付位置を想定しての作業だ。

しかし、、、実際に穴開けしてマグネットを装着して、マグネットと組み合わさる金属ステーと合わせようとすると、位置が微妙にずれている。

金属ステーを取り付けるフォーク側のアダプターは無いので、フォークのフェンダーダボにステーを共締めして使う算段だけど、共締めするステーはホームセンターで売っていたボルト穴ピッチ25mm程のステーを使ったのだが、これだと位置が微妙に合わないのだ。

最初はそれで妥協していたけど、マグネットと金属がピッタリ合わないので固定力が弱い。

そこで、ホームセンターを徘徊していると、一番小さいUボルトをクランプする平板パネルを発見。これは厚みが3mm、φ6×8の長穴が27mmピッチで開いている。これが36円だったので、購入して付け直してみた。

すると、、、位置調整の自由度が高くなって、マグネットと金属ステーがピッタリ合うように出来た。固定力も格段に向上!

これで完成である。元の金属ステーが厚み1.5mmだったから二倍となって強度向上。言う事無しである。

ビーンズハウスのオーナー、殆ど居ないかも知れないけど、DAHONのマグネットを買えば、マグネット固定出来ます。結構、お奨め。

|

« 旧理学部1号館 | トップページ | これは芸術性か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧理学部1号館 | トップページ | これは芸術性か? »