« 台風19号 | トップページ | クレバーウルフシートカウルのボルトレス脱着方法 »

2019年10月11日 (金)

やBICECOのフロント周りの選択肢

今、やBICECOのフレームはアヘッド用ヘッドセットに交換して、SLIPSTREAMでコラム長123mmのアルミフォークを使い、2006年式D7用スチール製テレスコピックステムを合わせている。
今、アルミフォークだけど、何となくスチールフォークの方が良いような、そんな気も少しある。
その場合、手持ちのフォークはコラム長が119mmの2005~2006年式用D7用クロモリフォークをストックしており、これを使えば、P8用アルミダイキャスト製テレスコピックステムが合わせる事が可能。ただ、D7用スチール製テレスコピックステムを使う場合は、コラム長123mmのスチールフォークが必要だけど、これは未調達。

長い目を見て、メトロとかヴィスク用のコラム長123mmのフォークが出れば調達したい。

まぁ、最悪の場合、フレーム側のヘッドパイプを4mmカットという荒技を駆使する事もアリだろう。当面、ストックパーツの組み合わせで対応できるから、其処まではしないだろうけど、、、

|

« 台風19号 | トップページ | クレバーウルフシートカウルのボルトレス脱着方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やBICECOのフロント周りの選択肢:

« 台風19号 | トップページ | クレバーウルフシートカウルのボルトレス脱着方法 »