« 水のトラブル、○○○♪ | トップページ | エア圧メンテナンス »

2019年10月19日 (土)

自転車趣味復活して15年のコストは?

自転車趣味に復活したのが2005年、つまり15年近く経過している。
で、ふと、幾らコストが掛かった?概算で計算してみた。
大雑把である。
大物は?東叡スポルティーフフレームのオーダー、カンパ・アテナ11Sフルセット、エンメアッカフレームオーダー、この3点で大凡110万円くらい。
レストア系では、絹自転車さんでのシルクR1とシルクR2の再生で15万円くらい。
車体購入系では、レ・マイヨW、DAHONのBoardWalk、ラングスター、ビーンズハウス、BMXで30万円くらい。
フレーム購入では、CM-1000を2本、深谷ロードフレーム、チタンロードフレーム、BSテーラーメイドフレームで20万円くらい。
その他諸々のカスタムと部品購入では、7800系DURA-ACEコンポ、色んなコンポ、ピストパーツ、ロードのパーツ類が家計簿によると合計100万円くらい。

つまり、300万円弱。年間で20万円程度、、、、まぁ、そんなモンだろう。

高いか?安いか?

良く判らないけど、そんなに高くはないような気もする。

車ならプロボックスが10年選手だけど、最初に200万円くらい、更に改造費が100万円くらい、後は色んな維持費を積算すると、合計400万円くらいは行っている。それに較べると安い。
車は年間で40万円程度だ。

因みに、単車に掛かった経費は、この比ではない。免許取ってからというと40年だけど、乗り換えてきた台数は大小合わせれば240台越えである。最近は台数は少ないけど、台数自体が半端無い。大学生になるとバイト関連で走行距離が3000~4000km/月で所有1台の大学2年迄は二ヶ月毎買い換えていた。年間6~7台乗り換えていた。大学2年となる20歳以降は複数台所有。大学3年以降大学院時代は、原付2台+重量車三台の3台体制である。峠ブームもあって、峠マシーンにはマフラー、ハンドル、バックステップレベルではない。エンジン載せ替え、足周り交換も誰もやっていない頃からやっていた。大学院時代にはいると、同じ車種をストック目的で手当たり次第買っていた。4ガン、5ガン、NS400、RZV500R等々だ。そしてベースを購入して思いっ切りレストアで部品も大量購入。卒業後は車輌保有は10台体制、、、、滅茶苦茶である。オークションが始まってからは無駄に色んなものを買ってきた。これらを全部足すと維持費、消耗品を積算すると3000万円に迫る金額。40年で割ると、年間70万円以上である。

そう考えると、、、自転車は年間20万円程度である。四輪の半値、単車の1/4程度である。非常に安い。ローコストでも楽しめる趣味かもしれない。

まぁ、趣味だからコストは掛かる。続ければ積算額は増える。そんなモンである。年間あたりの支出コスト、どれもだけど理想状態に到達すれば、それ程掛からなくなるモノである。ただ、理想が何か?に行くための試行錯誤に金が掛かるのである。

|

« 水のトラブル、○○○♪ | トップページ | エア圧メンテナンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水のトラブル、○○○♪ | トップページ | エア圧メンテナンス »