« 最高速度は出力次第 | トップページ | Art&Lutherie »

2019年10月13日 (日)

恐る恐るか、気分だけか、、、

人の事はどうでも良いけど、昼休みに自転車で市街地をポタリングしていると、ライダーのフォームを見ていて何か違和感を感じる事が多い。

ナチュラルなフォームのライダーというのは殆ど見掛けない。
直進、交差点での右左折しか拝見していないけど、両極端。

一つは、背中が反り方向に曲がって顎が出ていて、脇が開いたフォーム、基本、車体は寝ていない。垂直状態で曲がるかんじ。旋回中、アクセルは開いていない。クラッチが断続的に切れている感じ。恐る恐る曲がる感じ。クイックな感じは皆無。女性ライダーに多い。

もう一つが、力みすぎ感出まくりのフォーム。無理に猫背を作っている感じ。無理矢理感丸出し。何処が違うか?というと、猫背+上目遣いというと、乗れてる感があるのかもしれないけど、リラックス感は無し。ハンドルを握る力は強め、それより肩に力が入っている感じ。肩の力が入っているせいか、一寸したバンクで頭も一緒にバンクしている。腰が膠着している感じ。言ってみれば、二輪のラジコン人形のような感じ。直進部分ではアクセルをしっかり開けているけど、曲がっている時は如何にも不安定。ウェアが適当なヤングライダーでスポーツバイクに乗っている系に多い。
肩に力が入っているライダーの多くは、頭も一緒にバンクしているけど、中高年男性にも少なく無い。

超リラックスというと、ハンドル、腕には力は全く入っていないフォーム。車体の操作は腰だけ。バイクの進む方向に頭が先行して動いて車体、身体が頭の向きに追随するようなフォームのライダーは滅多に見掛けない。
どれが正解か?は知らないけど、自分の判断は自分の乗り方が基準。つまり、自分とはkとなる乗り方のライダーが凄く多い印象。

|

« 最高速度は出力次第 | トップページ | Art&Lutherie »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高速度は出力次第 | トップページ | Art&Lutherie »