« もしかしたら戦前の方が、、、 | トップページ | チェーンの汚れ対策を進めていけば、、、 »

2019年10月23日 (水)

暖気時間と始動性

最近の単車の暖気時間、程良く短い。
概ね、30秒未満。ガンマからSV、CX、BT、全部そうだ。

ただ、全車チョーク無しでは掛からない。チョークを引いてアクセルクローズ、キック一発、或いは、ボタンワンタッチでスタート。ワンウェイクラッチ不調のCXだけは数回のスターティング操作が必要。クラッチが噛んだらスタートする。スリップすると当然掛からない。

何にしろ、エンジンスタートはスムーズ。スタートするとエンジンの回転数は2500~3000rpm、それからチョークをゆっくり戻す。始動直後でもチョークの引き量は10mm程度でアイドリング+αで安定。30秒もすればチョークを戻しても大丈夫。勿論、アイドリングは少し低めだけど、その状態から走り始めれば、一分以内に通常モードである。

始動性の良さ、それはエンジンコンディションの良さである。

CXは一昨年、スローを絞ってから調子良くなっている。

|

« もしかしたら戦前の方が、、、 | トップページ | チェーンの汚れ対策を進めていけば、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしかしたら戦前の方が、、、 | トップページ | チェーンの汚れ対策を進めていけば、、、 »