« 恨島のデモは、、、 | トップページ | 手汗対応のレバーは? »

2019年10月 5日 (土)

ノーマルヘッドセット

アヘッドではなく、ねじ切りのヘッドの方が好き。フレームとフォークがステムと縁が切れているのが良い。
ただ、ヘッドセットのロックナットをしっかり締めていないと簡単に緩む事があるので、その辺はしっかり整備する必要がある。

ただ、ロックナットの下のスペーサーがヘッドセットによって色んなタイプがあるのが少々面倒臭い。

一般にロックナットの回転が下のネジの締まりに影響しないように、回り止めのスペーサーを一枚挟んでいる事が多い。そのスペーサーは知っているだけで三種類ある。

一つはオーソドックスな平板で内径側の一箇所がフラットとなっているもの。このタイプはコラムのネジ部の一箇所がフラットとなったフォークに対応する。内径側の一箇所に凸状の突起が出ているものは、コラムのネジ部に溝が切ってあるフォークに対応する。
変わり種は、後者の構造ながらスペーサーが段付き形状となっているものがある。これは、ヘッド側のナット側がインロー加工されており噛み合わさるタイプ。現行のタンゲのレビン等がそういう構造。

基本、どれでも良いけど、しっかり締めら事が大事。個人的にはオーソドックスなタイプがベストのように思う。

一般のロード用には用いられないけど、輪行モデルでフォークを抜くタイプの自転車に用いられるのは輪行ヘッドで、ロックナット下にギザギザの会合面を持つマイクロアジャスタータイプもある。個人的には見た目は兎も角、あのタイプが一番合理的なような、そんな気がする。我が家のスポルティーフには全て輪行ヘッドを用いている。スレッドのロードはレビンCDS、ピストはレビンを使っている。昔ながらの定番パーツ。

|

« 恨島のデモは、、、 | トップページ | 手汗対応のレバーは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーマルヘッドセット:

« 恨島のデモは、、、 | トップページ | 手汗対応のレバーは? »