« エアフロメーター修理後 | トップページ | サコッシュ »

2019年10月 9日 (水)

フロントシングルは普及するか?

スルーアクスル、OLD寸法142mm、ディスク化、リア12段以上、、、、となると確かにクランク側(フロント側)をダブルにする必要は無くなるかも知れない。
リアが13段、14段になると理屈の上ではフロントシングルでも成立するような気もするけど、果たして、フロントシングルが市場の受け入れられるか?というと、この辺は微妙な気もする。

幼少期を振り返れば、段数は多いほど嬉しい。メカニズムも凝っている方が嬉しい。そして、本来あるべき箇所にはあるべきモノがある、、、、それが望ましい。

そう考えると、リアの段数が何段になろうとも、フロントはダブル、、、、こういう状態が続くような、そんな気がしないでもない。

フロントシングルを普及させようとすれば、フロントシングルでもデザインに物足りない感を感じさせない処理が何よりも大事かもしれない。フロントシングルならではのデザインであるとか、機能的な配慮が必要かもしれない。そういうフロントシングル構成を最大限活かすような何かが生まれれば、フロントシングルというのが未来のスタンダードになるかもしれない。

現代ならカーボンフレームと一体化してチェーンリングをスリムに前方からカバーリングして、泥はね等からの汚れ防止と空力性能を高めた形でインテグレーテッドな形状でも生まれてハイセンスに纏まれば一気にヒットするかも知れない。ディスク化が進めばホイール周りの空力処理も大幅に変わるだろうから、そういう部分と統合的に変化が進む予感もある。チェーン脱落防止と前方からの汚れ防止でダブルガード+前方のガードを空力的に処理したような新しい形が生まれるかも知れない。

結構、ワクワクするところである。

|

« エアフロメーター修理後 | トップページ | サコッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロントシングルは普及するか?:

« エアフロメーター修理後 | トップページ | サコッシュ »