« next CX | トップページ | 上体の傾き »

2019年11月30日 (土)

ユーラシア・スポルティーフ

高校生の頃に乗っていたのがBSダイヤモンドDF-7110である。ファーストライディングモデルだけどショートフェンダー付きでスポルティーフ的なモデル。

これを回想してレストアしたのが1993年式ユーラシアのフレームをベースにしたスポルティーフだ。数年前迄ロングサイクリングに使っていたけど、今はロングサイクリングが無いので休眠中。
ただ、これからはロードバイク、ピストバイクで決まった場所を走るよりも長距離を走りたい。ただ、長距離でもイベントサイクリングではなく放浪サイクリングだ。ということで、とっておきの東叡スポルティーフは使いたくない。

で、引っ張り出そうと考えているのが表題のユーラシア。

これは昔のモデルだけど、部品は近代モノ。クランクはFC-3450、ギア歯は46-38-24Tのトリプル構成、カセットは14-25Tの9速。メカはフロントは余ったDURA-ACDのFD-7850、リアはRD-4500SSである。全く十分な仕様。一応、前後キャリア付き、フェンアーは亀甲ロングフェンダー付きだ。

他の候補はルイガノMVF改だけど、なるべく目立たず、ノンビリ風景を楽しみながら3時間程度で70km程度走るような使い方。

今、土曜ピスト、日曜ピストだけど、土曜ピストはそのままに、日曜はスポルティーフランに変えてみたいような、そんな事を考えている。

まぁ、シニア突入である。いつまでもシャカリキにペダルを漕ぐよりも、ノンビリ世代に応じてゆったり走るのもよいかな?と思ったりしている。

|

« next CX | トップページ | 上体の傾き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« next CX | トップページ | 上体の傾き »