« マツダ3のスカイアクティブX | トップページ | ロードバイクの落車の原因は? »

2019年11月27日 (水)

フェンダーステー

やBICECOのリアフェンダー、BB裏、シートステーブリッジ部、フェンダーエンドの三点に加えて、リアキャリア真下部分のタイヤのトップ位置の四点目もステーで固定している。

この固定は非常に効果的である。

以前も紹介したけど、BSのポリカフェンダーを採用している車種と同じだけど、この一箇所を増やして固定するだけでフェンダーの揺れは激減している。

朝の通勤中、街を走る自転車を見ていると、キャリア下でステーが無い自転車のフェンダーは走行中の路面からの振動で遠目からでもフェンダーが大きく振動しているのが確認出来る。

よく観察すると、この部分での固定が無ければ、フェンダーの上下方向の拘束力は相当に弱くなる。特に、最近のスローピングフレーム、低床フレームでは、シートステーブリッジ部は、真横から見て固定位置は非常に低い位置。フェンダー後端も低い位置。この位置ではフェンダー自体の上下動を拘束出来ない。

このフェンダーの上下動の拘束は極めて重要。前輪はフォーククラウン位置が上下動を抑える位置だから問題無いけど、後輪では存在しない。

実用車の良し悪し、、、このステーの有無も一つの判断材料になりそう。

|

« マツダ3のスカイアクティブX | トップページ | ロードバイクの落車の原因は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダ3のスカイアクティブX | トップページ | ロードバイクの落車の原因は? »