« 消費増税するくらいなら、、、 | トップページ | 二輪に幅寄せ、進路妨害 »

2019年11月29日 (金)

フレーム材質

フレームといえば、二輪車のフレーム。自転車、単車のフレームだ。
単車のフレームについていえば、個人的には材質への拘りは殆ど無い。スチールでもアルミでも何でもOKである。長持ち、頑丈という面で言えばスチールだけど、アルミでも不具合を感じた事はないのでOKである。寧ろ、アルミフレーム車の車重の軽さの方に魅力がいく。単車の場合、スチールフレーム車といえば、性能よりもコスト重視で作られた印象が強い。

一方で自転車はどうか?

自転車の場合、スチールフレームは嫌いではないけど、スチールフレーム以上に好きなフレームがある。基本、スチールフレームの代表格であるクロモリフレームだけど、クロモリフレームはカーボンフレーム、アルミフレームよりも好み。理由は頑丈だから。
ただ、単車では気にならなかった部分でスチールフレームよりも好きなフレームがある。

それは、ステンレスフレーム、チタンフレームといった類。

何故に、そういう嗜好になるか?というと、ロードバイクのスチールフレームでは錆が気になる。自転車というと夏は発汗、冬は結露、これで結構濡れてしまう。特に発汗による塩分を含んだ水分は一発で錆びる。

掃除すれば良いのだろうけど、ついつい、、、、

自転車に限って言えば、耐食性の優れた金属が一番好き。チタンも良いけど、材料的に安定したステンレス、、、これがベスト。

|

« 消費増税するくらいなら、、、 | トップページ | 二輪に幅寄せ、進路妨害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費増税するくらいなら、、、 | トップページ | 二輪に幅寄せ、進路妨害 »