« マツダ車のラインナップ | トップページ | バーエンドキャップに一工夫 »

2019年12月29日 (日)

タンク別体マスター

我が家の単車のブレーキレバー、全車がタンク別体マスターシリンダーだ。
一番オーソドックスなニッシンの横型タイプ。

一番最初に装着したのがガンマ、次がCX、SVは純正装着、マグナム、AR125Sにも装着済み。最後がBTだ。

ただ、長い年月で分けて装着してきたので何パターンか種類があるようす。

昔のタイプはアジャストポジションが4ポジションで、最近のは6ポジションである。殆ど違いは無いけど、レバー自体の形状は違うみたい。

まぁ、転倒でレバーが折れた経験は無いのでそのまんま。

タンク別体のマスター、これがベストという訳ではないだろうけど、80年代レプリカ小僧的には、このルックスが好み。

|

« マツダ車のラインナップ | トップページ | バーエンドキャップに一工夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダ車のラインナップ | トップページ | バーエンドキャップに一工夫 »