« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »

2019年12月16日 (月)

ロングホイールベース、低重心

最近、DAHONやBMXのFinaleでシートポストをレイバックしてクランクフォワードポジションで自転車を漕いでいる。
ただ、既存のフレームベースだから、どうしても無理がある。サドルポジションを下げているので、リアタイヤの真上に重心が掛かるパターン。どう考えても後荷重すぎて前輪荷重が不足している。

実際、DAHONベースで乗ると不安定。

今、こういう自転車に興味がある。DAHONベース車のメリットは小径というところ。小径車はやっぱり漕ぎ出しが軽い。難点は不安定。特にDAHONベースの場合は荷重バランスが狂っているので仕方ない。

そこで小径車で安定度の高い車体が欲しい。小径車で漕ぎ出しが軽く、前後荷重配分が優れる。安定度を高めるためにはロングホイールベースだろう。漕いでいる時のふらつきを減らすには極力BBHを下げたモデルが望ましい。こういうフレームがあれば、今の西DAHONのネガは感じないで済むような気がする。

クランクフォワードで乗るというのであれば、シート角が69°のSCHWINNの現行TRAVELERだとか、チョイ前のCREAMシリーズだろうけど、軽い漕ぎ出し+安定性となると小径車の方が良い。

レイバックポストを付ける方法だと限界がある。

ロングホイールベースの自転車、、、、それでいてクランクフォワードで遊べる自転車で一番近い存在といえば、以前も紹介したのはブリヂストンのVEGASだ。これ、もう少しホイールベースが長ければ最高なんだが、、、、

で、思い付いたのが子供乗せ自転車。これ結構イイかも知れない。一台買ってみようかな?一番の候補はアサヒのGarnetという20インチモデル。これをベースに要らないモノを全部外して、極力軽量化して作ってみる、、、、オモロイかも知れない。

|

« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »