« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »

2019年12月16日 (月)

作動インジケーター

GEANEEのAC-02ってアクションカメラ。取り外して単車に装着して利用する事が多いけど、最近、途中で撮影が途切れる事が多い。
原因は、、、、電池切れである。メディアの容量は十分ある状況。
まぁ、内部電池で充電して使うタイプであり、新品状態で電源の持ち時間は2時間。しかし、現実的には稼働時間は1時間程度のようだ。

問題なのは、電池が減って録画出来ていない状態がインジケーターから判断しづらい仕様な点。

電源が直ぐ落ちたり、インジケーターの色が変わったりするのであれば状況判断が可能だし、充電するなりするけど、それが無いとタイミングが今一分かりづらい。

アクションカメラの多くは外部電源駆動ではなく電池での自律駆動タイプ。こういうモデルの場合、電池残量が確実に把握出来る仕様であることが望ましい。

こういう面で見れば、手持ちのアクションカメラを比較すると、GEANEEのAC-02は失格かもしれない。サンコーレアモノショップのデュアルレンズのWATPRCA3は、その点優れもの。勿論、外部電源駆動、電池駆動の両方が可能なBVR-01もOKだ。

WATPRCA3、最初はそうでもなかったけど、最近は結構気に入っている。動作状態が分かりやすいのと、操作性が優れる事。この二点、結構重要。

|

« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロボックスの排気音 | トップページ | ドラレコに高解像度はホントに必要? »