« NGな中古パーツ | トップページ | 安定 »

2020年1月20日 (月)

信用できないと、、、、

単車で楽しいのは山間部のワインディングを走る時。
でも、単車を信用出来ないと走れない。

信用出来ない単車って何か?

それは、未熟な自分が勝手にカスタマイズした単車。過去の愛車で一番信用できて走れたのがXZ400Dだけど、一番信用出来なかったのが末期のRZ350Rだ。このRZ、エンジンに手を入れて、足周りに手を入れて、、、、で、結果的に信用出来ない単車になってしまった。
足周り、RZV500R+FZ400Rという85年頃では誰も行っていなかったような足周りスワップを施したのだけど、寝かしていくと信用出来ない挙動を示す。恐ろしくて寝かす事が出来なくなったのを鮮明に覚えている。

それ以来、ノーマル車両のジオメトリーを大きく変更するような事は行っていない。
足周りをカスタムするにしてもホイール外周は変えない。ジオメトリー迄変えない。そんな感じ。タイヤをワイド化しても外周は変えない。幅と扁平率で結果的には元から変えない、、、、これを守っている。

一番信用出来ないのが自分の未熟な思い込みによるカスタム、、、、これが長きにわたるライダー生活で得た知見である。

更に、色々乗って得た結論、、、、それは、ノーマルの足周りでも何の不満も感じないということ。下手にバランスを崩すより、元が一番というのが知見だったりする。

一台のモデルが生み出される時、操安性を含め多くのプロが知恵を結集している。それを素人の思い込みで下手に弄ると大抵は悪化する、、、、そんな気がする。

ただ、ノーマル状態で地面に簡単に接地するような車両は嫌い。如何に乗り易くとも、調子に乗って走ると怖い。昔の空冷四発のモデルは基本的に、自分的にはバンク角不足で好きでない。この辺りは、走っていると、何処擦る?と思って信用出来ない。個人的には、シングルかV型エンジン車が好き。

|

« NGな中古パーツ | トップページ | 安定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGな中古パーツ | トップページ | 安定 »