« リアボックスステーで練習♪ | トップページ | 武漢の収束 »

2020年3月19日 (木)

批判しか出来ないマスコミ

コロナ対応の良否判断、それが庶民の耳に届くのはマスコミの手による報道に大きく影響されている。
兎に角検査すべき、韓国を見習うべき、クルーズ船対応は間違いの見本、、、、

雑誌、テレビ、新聞、、、コメンテイター、多くの専門家、専門家とは言えないコメンテイター、、、、多くが現状への否定論ばかり。

不安を煽る報道といえば、飲食サービス業に従事している人の声ばかりを届けているようにも思える。子供が休校で大変という保護者の声を大々的に届けている。

ただ、身の回りを見ると、休校していて子供は家に居るけど普通に過ごしている。街は?というと、それ程の変化は感じない。自粛ムードが無くはないけど、それほど激しく厳しい状態とは言えない。少なくとも、自分の生活は何も変化してないし、周りもそんな感じ。誰も何も変わっていないようにしか見えない。

だけど、現実の対応に対しては批判的な報道ばかりだ。報道される感染者数に対しても、検査してないから数が少ないだけとか、いろいろ言われている。

ただ、死亡者が出れば確実に原因が特定される死者数を見れば、絶対数として世界の国々と比較して圧倒的に少ないのも事実。個人的には、この絶対的な死者数の少なさというのが現時点における評価の全てを表しているように思う。そう思えば、危機を煽りまくり、政治体制、官僚対応を兎に角否定ばかりしている、新聞、テレビ、雑誌の報道の方が遙かにクソのように思えてならない。

やはり、死者数が抑えられているというのが一番のような気がする。

|

« リアボックスステーで練習♪ | トップページ | 武漢の収束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リアボックスステーで練習♪ | トップページ | 武漢の収束 »