« 不要不急、、、 | トップページ | 休業要請無視防止対策には、、、 »

2020年4月27日 (月)

新型コロナの今後は?

三月にも記事にしたけど、このコロナ、過度に過敏になりすぎてギスギスする必要も無いように思う。
コロナ=風邪である。
風邪は初夏から初秋は沈静化する。恐らく、コロナも一緒だろう。
最近になって世間でも多湿とか紫外線について言っているけど、季節、免疫の関係も寄与してくるだろう。生活水準が一定以上で栄養失調でも無ければ然りだろう。

更に言えば、データが集まってきて言えるのは、持病の無い人の致死率は0.9%、呼吸器疾患、糖尿病、癌、高血圧の基礎疾患のある人が6%以上というデータ。更に、年齢では40代以下は0.5%以下、50代でも1.3%、60代で3.6%程度、70代で8%、80代で14.8%である。つまり、健康で中年以下なら、さして恐れるべき数値でも無いのが現実。

事実、少ないと言われている検査で判明されている感染者からの比率から見ても重症者は2%以下、死亡者も同様。潜在的感染者から言えば、致死率は0.5%未満、下手すれば0.1%以下。最近は芸能人、有名人の感染、死亡が伝えられて恐怖が増幅されているけど、現実的なデータを見れば冷静になれるようにも思う。

コロナの感染は飛沫感染。飛沫で吐き出されるウイルス量は、クシャミで200万個で3m、咳で10万個で2m、歌や歓声では10万個以下で1m程度。通常会話、呼吸では殆ど皆無と言って良いレベル。問題は人口密度、密着環境で無ければ殆ど影響無し。屋外運動で感染、、、、運動しながらクシャミでもしない限りは、、、というのが現実。

そう考えれば、4月エンド~5月には相当に沈静化している気もする。楽観的過ぎるかも知れないが、対面会話、対面飲食を避けて、基礎疾患罹患者や高齢者が屋外に出歩かなければ基本的には問題無いように思う。

ただ、安心して羽目外すのはナンセンス。今の社会の空気感を作ったのは、自分には関係無いという意識で行動し、感染に弱い人の重症化が顕著になったのも事実。感染旅行強行学生とかが問題。現状では、社会の空気感に従って行動するのが、まぁ、ベストだろう。何故ならば、先はそれ程暗くないように思うから。

|

« 不要不急、、、 | トップページ | 休業要請無視防止対策には、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不要不急、、、 | トップページ | 休業要請無視防止対策には、、、 »