« シリコングリース | トップページ | 新型コロナのデータは? »

2020年4月13日 (月)

感染者=悪は、、、

やはり、初期に感染拡大に大きく影響した人の行動が挙げられている。
広島なら、大学の自粛要請を無視してフランス、イタリアに卒業旅行した上に、帰国して鼻水垂らして学位授与式出席した下関出身で福岡在住の女性の県立広島大学卒業生だとか、最近なら感染拡大が始まっていた京都方面への春休み旅行を行った広島市立大学生が発熱後も横川駅前のパン屋さんでレジ打ちのバイトをし続けたとか、そういう行動が原因だろう。
広島に限らず、感染地域旅行後に体調不良のまま、様々なイベントに無分別に参加して、公的サービスや高齢者医療を担う人達に迄も感染を拡大させた京都産業大学も然りだし、京都大学や慶応大学の研修医の、この時期における意味不明な飲み会で感染したとか、そいうのが目に余るからだろう。
特に、最近の感染者は若年層で、報道の偏りもあって若年層の意識の無さが社会不安増大の原因という意識を持たれているからだろう。

まぁ、それ以前にも、無自覚感染者が気にせず密集地域に繰り出した後は、感染自覚無しで地方に移動して感染を拡げている報道が後を絶たないという報道も見過ごせない。
最近なら三次のクラスターといえば、大阪から三次に来た80代女性の孫が該当する。発熱しているのに否かの婆さんに会いに来るってのは、殺しにやってきたのか?と思われても仕方ない。

この週末、結構、緊急宣言地域のナンバーの車両を見掛けたけど、この状況を見ると感染者=悪というのも、しかたないのかな?とも思う。感染者=悪というのは、感染を拡げる行動に無自覚的な部分が多く報道されているからだろう。

感染者=悪ではなく、基本は無自覚行動者が責められるべき。ただ、無自覚行動してしまうのは、その影響を自覚していないからで、人の無自覚行動を行わさない仕組みが無いからだろう。そう考えれば、感染者=悪という空気感を取り除くのは容易ではない。

|

« シリコングリース | トップページ | 新型コロナのデータは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シリコングリース | トップページ | 新型コロナのデータは? »