« マツダ3とマツダ2 | トップページ | メッシュホース »

2020年4月 5日 (日)

やっぱりキャブ車が、、、

最近、身の回りの友人のバイク、結構トラブってる。年式的には2010年迄のバイク、初期のインジェクションモデルだ。
新しい内は調子良かったらしいけど、突然動かなくなってお手上げとか、、、、
まぁ、そう言われても、お手伝い修理なんて出来ない。知識も無いし、、、、。

メーカー系ショップで修理依頼したらインジェクション周りのトラブルが結構多い。修理代も安くないそうだ。

燃料ポンプの不調でトラブル、でも原因に直ぐには届かない、、、何よりも状況判断して対応して復帰するというのが簡単に行えないのが難しい。

キャブ車の場合、突然調子が悪くなるというのは稀。アナログ故にコンディションの変化も徐々に起こる。そして、厳しい状態になっても取り敢えず動く状態には取り敢えず戻す事も出来る。

新しい単車、興味が無い事はないけど、車検で乗り換え!的な割り切り感が無いと買い辛いのも事実。エンジン共用で形だけ変えて、量産効果で修理も安く出来る的な四輪的になれば問題無いけど、二輪のインジェクションは、未だその域に達していない。

SV650Sの次を考えているけど、二型SV650S以降はインジェクション、SV1000Sも然り。となるとVツインは厳しい。高年式Vツインとなると後期型のVTR1000Fくらいしか思い浮かばない。まぁ、次買うとしたら、SV650SからVTR1000Fかな?
やっぱりキャブ車が良い。BT1100はキャブ車でホントに良かったと思う。

|

« マツダ3とマツダ2 | トップページ | メッシュホース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マツダ3とマツダ2 | トップページ | メッシュホース »