« 広島コロナ | トップページ | ATとMT »

2020年4月 3日 (金)

感染元は何処?

広島コロナ、一人目は安佐南区自営業男性、感染前に渡航歴ナシ。1月終わりに県内ショッピングモールに出掛けたくらい。ただ、家族陰性、同僚陰性、、、だから、ホントに陽性だったの?的印象。

しかし、県内2、3人目は尾道市、何れも海外出張後帰国後発覚だから感染は海外の可能性が高いということ。

県内4人目、5人目は、40代自営業女性、50代会社員男性との話。幸い、40代女性の発熱後のゴルフ通いでの同行者、クラブハウスでの周辺での飲食者の感染はナシ。ただ、営む店舗で接触のあった30代顧客女性が6人目で陽性、更に、この女性と同僚の20代女性も陽性。この2名の飲食業勤務の流川の飲食店舗は営業自粛をサイトに掲示している。

40代自営業女性が先か?或いは、顧客30代飲食業女性が先か?は不明だけど、飲食店内で複数の感染者が居た状況を考えると、飲食業女性の方が先だったのかもしれない。こちらの従業員が自営業女性の店に出向いて感染が広がったのかもしれない。

因みに、30代女性、20代女性が勤務する流川のキャバクラは全国展開するチェーン店。顧客も地元とは限らない。出張者も結構利用する店。となると、県外からウイルスが持ち込まれたのか?という気もする。そこを起点としてもしかしたら蔓延している可能性も排除出来ない訳だ。

コロナに限らず、ウイルスってのは、こういう飲食関連、風俗関連の人の繋がりで蔓延が加速するパターン。AIDSも然りだ。匿名性が高く、特定が困難な雑踏というのはウイルスにとって生き残る上で好都合なんだろう。広島という土地は、出張者が多く訪れる地方都市。一寸、遊んで帰ろう!と言う意味では、その歓楽街の店、特に、全国展開しているチェーン店等は、県外利用者からすれば選びやすい店かもしれない。

後は、卒業旅行でウイルスを持ち帰ったバカ学生が要るけど、これも海外由来。

県内における感染ってのは、基本は大都市からの持ち込まれ、海外からの持ち込まれである。今となっては手遅れかもしれないが、海外だけでなく、大都市からの移動者の行動制限も必要だったのかもしれない。それにしても帰国学生、、、アホだなぁ、、、、。また、県立広島大学なんて名前に変えてるから、普通の広島大学と勘違いされる。イイ迷惑である。

元々、西城の広島県立大学とか、市内の広島女子大が集まっているだけである。県立大学広島とか、そう言う風に勘違いしない名前にして欲しい。

|

« 広島コロナ | トップページ | ATとMT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島コロナ | トップページ | ATとMT »