« 最近の梅雨 | トップページ | ドロップハンドルのブレーキレバー »

2020年6月19日 (金)

プラペダル

ペダルといえばスチール、アルミというのが本来。チョイ前はプラスチックペダルというと邪道、、、そう考えていた。

しかし、最近、娘や息子が自転車で転けた、怪我した、、という場面に遭遇。

そんな時、思ったよりダメージが大したこと無い。

で、自転車を見ると、ペダルは結構派手に削れている。聞くとペダルでスネを打ったとか、、、それでもダメージが少ない、、、これは、一重にプラスチックペダル故の攻撃性の無さか?と考えたり、、、

プラスチックペダル、地面に接触しても削れるだけ。引っ掛かって転倒ということもない。転けた時に運悪く身体にぶつかってもダメージは低い、、、そういう意味で良いかも知れない。

そう言えば、幼児車の殆どはプラペダル。安価なBMXもプラペダル。これって、コストだけでなく安全性からのチョイスなのかもしれない。それなら納得である。

|

« 最近の梅雨 | トップページ | ドロップハンドルのブレーキレバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の梅雨 | トップページ | ドロップハンドルのブレーキレバー »