« 予算が厳しいか、、、 | トップページ | ハイエンドロードで速く走れるか? »

2020年6月 3日 (水)

2バルブエンジン

今時の4サイクルエンジン、殆どが4バルブエンジンである。動弁システム関係無しで4バルブだ。小排気量以外で2バルブのエンジンは探すのが難しい。

確かに、効率から言えば、4バルブエンジンの方が勝る。

では、2バルブエンジンがダメか?というと、そうでもない。違いは?というと、良く判らないけど、エンジンの始動性とか、或いは、低速域からの付きから漠然と感じる感じでは、4バルブエンジンよりも2バルブエンジンの方が良いような、そんな気がする。
ただ、漠然としたもの。

で、どっちが好きか?というと、部品点数の少なさから個人的には2バルブエンジンの方が好き。

我が家だとBTとAVが2バルブエンジン。それ以外の4ストは4バルブエンジン。2バルブエンジンで思い付くモデルは?といえば、カワサキならゼファーカイ以外の空冷Z系、SRもしかり、シングルカムのマルチエンジンのCB、スズキならGS系、ヤマハならXJ系だ。割と古いモデルが多い。最近のモデルだとGSR250、GSX250R辺り。重量車の最終といえば、BTと同じエンジンのドラッグスター系だろう。

自分の家の車両でいえば、BTが一番始動性が優れる。アイドリングが安定しているのもBT、低速域からのアクセルワークに対する追随性もBTが一番のように感じる。

|

« 予算が厳しいか、、、 | トップページ | ハイエンドロードで速く走れるか? »

コメント

メカニズムは用途に併せてベストがあるんでしょうね!
必要最小限の美しさ、オッサンになって判るようになってきました。

投稿: 壱源 | 2020年6月 4日 (木) 12時58分

返信いただきありがとうございます。
たしかに、低回転では流路の狭い2バルブのほうが、勢いよく混合気を送り込めそうですね。
焚火でも口をすぼめてフ~ってしますね、口を開けてハ~ではいかにも効率が悪そうで、納得です。

投稿: イッシー | 2020年6月 4日 (木) 12時35分

コメント有り難う御座います。
2バルブエンジンは、エンジンの始動性については優れる物が多いですね。聞くところによると、吸気流速が速く特に低速時での混合気攪拌にメリットがあるとか、、、
逆に、初期の4バルブエンジンは最悪だそうで、、、我が家のCXは超初期の4バルブエンジンで始動性は今一です。

次期愛車選び中ですが、今は空冷2バルブOHV車が最有力候補だったりします。

メカニズムは用を足せば最小限がベストですね。

投稿: 壱源 | 2020年6月 3日 (水) 12時57分

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
単純な機構で過不足の無い、いわば「素うどん」のようなメカは、私も好みです。
農機などでOHV2バルブとかが現役なのは、やはり耐久性や整備性の面で、一番安心して使えるのでしょうね。

特に意識しませんでしたが、我が家の4輪が全て2バルブだった時がありました。(旧ライフ、旧フィット)
そのように思い出せば、発進はスムーズだった(ような気がします・・)。
でもなぜかツインプラグで、プラグ交換は面倒でした。

投稿: イッシー | 2020年6月 3日 (水) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予算が厳しいか、、、 | トップページ | ハイエンドロードで速く走れるか? »