« フロントバッグのワンオフ計画 | トップページ | 世代隔離策か? »

2020年7月13日 (月)

ミドルクラスも進化すれば、、、

リッタースーパースポーツ、今はリッター200PSオーバーのハイパワー、30年前、1990年頃のリッターバイクは150PS前後、それから見れば圧倒的に進化している。
因みに、リッターあたり出力を見ると、規制値基準で、昔の規制値は50ccで7.2PSは144PS/L、125ccで22PSは176PS/L、250ccで45PSは180PS/L、400ccで59PSは147.5PS/Lだ。
それが、今やリッタークラスで200PS/Lオーバーである。

今の技術で作れば、もしかしたら、400ccは軽く80PSオーバー、下手すれば100PSも目指せるか?250ccで50PSどころか55PS辺りも狙えるか?

そんな中、パワー命ではないけど、力こそ正義を地で行くカワサキは期待。

リッターSSは200PSチョイで横並びだけど、カワサキだけはH2系で過給機装備で310PSという途方もない出力を発揮。市販車で231PSを叩き出す。
記事作成時点では、250ccマルチは噂段階だけど登場の噂あり。これも期待だ。

与えられたエンジンで出せるだけ出す、、、これって、何だか夢がある。

生温い250ccとか400ccではなく、中免でも本気のパワーのスポーツバイクを是非登場させて欲しい。

|

« フロントバッグのワンオフ計画 | トップページ | 世代隔離策か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロントバッグのワンオフ計画 | トップページ | 世代隔離策か? »