« 広島コロナ再び | トップページ | ステム長 »

2020年7月 2日 (木)

トップ16T対応

今回のステンレスロード、工作面で特徴的なのは、ジュニアカセット、トップ16Tにフレームが対応している事。
因みに、レイノルズ953は潰し等の処置が出来ない硬いパイプとのこと。
そこで、エンドには丸フランジ型エンドを用い、シートステーを少し外側で溶接してある。結果、トップ16Tを入れてもフレームには干渉しない。

東叡のスポルティーフをオーダーする時にもリクエストを出したけど、その場合は、東叡エンドは止めてシマノのエンドという話になりそうだったので、トップ16Tはさっさと諦めたけど、ステンレスフレームでは諦めずに製作して頂いた。

実際、トップ16Tのホイールと併せても余裕タップリである。

ただ、難点が一つ。それはシートステーが通常より僅かに外に配置されている。
結果、シートステーとチェーンステーで引っ掛けて停めるスタンドに車体を載せると、やや傾いてしまう。まぁ、仕方ない。フックの取付位置を上下でオフセットすれば対応可能。オフセット量は3mm程度だから問題無いと言えば問題無い。

|

« 広島コロナ再び | トップページ | ステム長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島コロナ再び | トップページ | ステム長 »