« 近未来予測 | トップページ | 愛煙家 »

2020年7月24日 (金)

250ccマルチ

ZX-25Rが発表。巷では、マルチだから低速が無いから、、、、とある。
でも、80年代マルチ、2stでも低速が走れない程無い訳ではなかった。
特に、フェザーFZ250~FZR250、CBR250R、GF250、GSX-R250、、、、この辺りは女性向け的プロデュースである。
非常に乗り易いバイクだ。速くは無いけど、普通に走るには十分である。

マルチだから低速が無い的論争は、遡れば400ccでも言われていたけど、400ccマルチ、乗れない程低速が無い訳でもなかった。

80年代末期に登場したGSX-R250Rはマルチでも250ccとは思えない程、低速トルクは十分だったような記憶がある。

まぁ、新しいパターンが出れば、既存車種のオーナー等からは否定的な意見が出る事もあるけど、出て大人気になれば、そんな声はかき消される。

ZX-25Rの価格、高い、安いと色んな意見があるけど、物価を考えると高くない印象。ただ、街乗りの足として考えると、高い印象を持つ人が居ても不思議でない。

ただ、ZX-25Rの価格に限らず、最近は軽自動車も200万円、リッターカーでも同様。チョットした小型車、2000ccクラスになると300万円オーバーはザラで400万円に迫るものもある。そういう物価傾向を考えると、決して高くない気もする。

|

« 近未来予測 | トップページ | 愛煙家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近未来予測 | トップページ | 愛煙家 »